メニュー
2020/09/04
水分補給の際に虫歯のリスクについて

厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
そんな暑い毎日ですが、みなさんは熱中症対策をどのように行っていますか?
水分補給をする際、なにを飲むことが多いでしょうか?
例えば、夏には欠かせないスポーツドリンクですが、歯にはとても虫歯リスクが高くなってしまうことをご存知ですか?

スポーツドリンクの成分

500mlのスポーツドリンクの中に砂糖は20〜34g(角砂糖5〜8個分)含まれています。
では、スポーツドリンクを飲んだ後はお口の中の環境をどのように変化するのでしょうか。

お口の中のpHは、普段はpH7(中性)に保たれています。ですが、食べ物や甘い飲み物をお口に含むと、すぐにお口の中のpHは酸性に傾きます。そして、pH5.5以下になると歯の表面の脱灰が始まります。

脱灰とは

脱灰とは、歯の表面のエナメル質が溶け始めることで、この脱灰が繰り返されることにより、虫歯が発生します。

再石灰化とは

唾液の中の緩衝作用には、酸性に傾いたお口の中を中性に戻す力があり、再石灰化といいます。ダラダラ食べやダラダラ飲みをしているとお口の中は酸性になる時間が多くなり虫歯のリスクが高くなります。

水分補給は、砂糖の含まない飲み物も一緒に摂取しましょう。

熱中症対策での水分補給は欠かせません。
スポーツドリンクがいけないという訳ではありませんが、スポーツドリンクと併用して麦茶などのお砂糖の含まない飲み物も一緒に摂取するようにしましょう。

written by WEB管理者
カテゴリー
キーワード
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
土曜は院長の保険外診療のみ
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ