メニュー

一般歯科/虫歯治療

当院の虫歯治療の特徴

痛くない麻酔

麻酔の痛みを減らすためにあらかじめ粘膜にクリーム状の表面麻酔を塗ります。
麻酔薬を痛みの出ない速度と一定の圧力で注入できるよう電動式の麻酔注射器を使用して麻酔をします。

マイクロスコープや拡大鏡を用いた精密歯科治療

当院ではより安全で質の高い治療を行うため、マイクロスコープや拡大鏡を用いて肉眼では見えないより細かなところまで拡大視野で確認しながら治療しています。

2台の顕微鏡(マイクロスコープ)による根管治療

当院では、顕微鏡(マイクロスコープ)を使った根管治療を行なっています。根管とは、歯の中の神経(歯髄)が入っている管のことです。ここがむし歯で感染すると、残念ながら神経を取り除かなければなりません。ところが、神経は取ったものの肝心な感染が取れていない状況が頻発します。

 

根管はとても狭く複雑に入り組んだ形をしていて、簡単に感染を取りきることが出来ないからです。顕微鏡(マイクロスコープ)で根管内を詳細に観察することが可能になると、感染源の見落としをかなり減らすことができ、細部にまで治療が出来るようになり、治療の成功率は飛躍的に向上します。

根管治療について詳しく見る

歯とお口のお役立ち動画を公開中 歯の根むし歯とは?

※画像クリックで動画ページへ

ラバーダム防湿

ゴムのシートに穴をあけて治療する歯に固定し、唾液が入らないように防湿することをラバーダム防湿といいます。
唾液中にはたくさんの細菌が生息しています。
治療中の細菌感染や病気の再発を防ぐために、当院では根管治療や充填処置の際にはラバーダム防湿をしてから治療を進めています。

虫歯治療の流れ

検査・診断

まず虫歯がどのくらい進行しているかを調べます。
レントゲン写真では肉眼では見えない虫歯や神経までの距離などを確認することができます。
電気歯髄診断器を使って神経の反応を診ることもあります。

虫歯の除去

虫歯検知液という感染した歯質だけが赤く染まる薬液で調べながら治療を進めます。
歯の神経をできる限り残せるように虫歯を最小限に取り除きます。

つめもの・かぶせもの

虫歯を取り除いたらそこへつめものやかぶせものをします。
保険適応のものから適応外のものまでお選びいただけます。

※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
土曜は院長の保険外診療のみ
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ