メニュー
インプラント
抜けてしまったところに歯を入れる3つの方法とその問題点
そもそも、歯を失ってしまったときにそれを補う方法は3つしかありません
ブリッジ
1つ目がブリッジです。失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができます。

しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。まず、両隣の歯で支えますので、一番、奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなくなってしまい、ブリッジをかけることができません。さらに、ブリッジは両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってきます
ブリッジ - 歯が中間で1本抜けた場合 歯が中間で1本抜けた場合(ブリッジ)

隣の健康な歯を削りブリッジにします。健康な歯まで削るのはいやですネ。
例えば、1本無くなってしまった歯を両隣の歯で支えるとすると、これまでは3本でやっていたことを2本でやることになります。会社で言えば、「これまで3人でやっていた仕事を1人辞めたから、2人でやってくれ」ということになります。最初のうちは頑張れるのですが、2年・3年経ったら、辞めてしまいますよね?それと同じように、支えている歯には大きな負担がかかり、状態にもよりますが10年ぐらい経つと支えている歯が辞めたくなってしまうようです(オスロ大学の調査によると、ブリッジの平均残存期間は10.5年であった)。最後に、ブリッジの場合、支える歯の周囲を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。
入れ歯
2つ目は、入れ歯です。これは保険が適用されるものもあるので、非常に安く、手軽に作ることができます。入れ歯の良い点は安く、手軽に、短期間に作ることができるということです。しかし、入れ歯には様々なデメリットがあります。まず、入れ歯は人工の異物ですので、補う歯の本数が大きくなるほど、口の中に違和感が出てきます。口の中は繊細に出来ています。例えば、髪の毛1本でも口の中に入ると違和感があります。それが総入れ歯になると、女性の握り拳位あるものを口の中に入れるのですから、違和感がないわけないのです。特に、入れ歯を支えるための床のような部分のある入れ歯になると、食べ物の味や温かさを感じにくくなってしまいます。

また、部分入れ歯の場合、入れ歯を入れる両サイドの歯にバネのようなものをかけます。これをかけることにより、入れ歯を固定します。しかし、支えにされた方の歯はたまったものではありません。咬む度に、上下左右に揺さぶられ、力を加えられ続けます。刺さった釘でも、長い時間をかけて上下左右に揺さぶられると、抜けてしまうのと同じように、バネをかけられてしまった歯は5年程度で抜けてしまうことが多いようです。バネをかけていた歯が抜けてしまうと、その分、部分入れ歯を大きくして、次の歯にバネをかけ、またバネをかけていた歯が抜けて、ということを繰り返し、総入れ歯に着実に近づいてしまうことになるのです。

入れ歯の場合、ブリッジのように固定式ではなく、取り外し式なので、キレイにするために毎日、手入れをしなくてはなりません。これが手間であるだけでなく、「他の人に見られると恥ずかしい」ということになります。また、総入れ歯に近づくにつれて、食べ物がはさまる、痛いなどの理由により、咬むという重要な行為をすることが難しくなる場合があります。総入れ歯になると、たとえ咬むことができたとしても、自分の歯よりも咬む力が弱くなります。そうすると、固いものなどを食べることが難しくなってきます。

入れ歯 - 部分入れ歯 奥歯が数本抜けた場合
(局部床義歯=部分入れ歯)

取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金でも固定しますが、口の中にバーや止め金の異物はいやですネ。

入れ歯 - 総入れ歯 歯が全部抜けた場合
(全部床義歯=総入れ歯)

全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。何とか動かないようになりませんかネ。

「大好きだった、たくわんが食べたい」
「おせんべいをバリバリ食べたい」

「大好物のステーキが噛み切れないから食べられない!」

という、歯があるときには当たり前だったことが入れ歯になってしまうと、できなくなり、美味しい物を自分の歯で好きなだけ、美味しく食べることがいかに素晴らしいことかを理解することになるのです。
インプラント
失った歯を補う3つめの方法がインプラントです。
インプラントというのは、人工歯根(インプラント)を歯の抜けたところに植えて顎の骨としっかり固定された後、その上にかぶせものを装着する方法です(他に入れ歯の支えにインプラントを用いる方法もあります)。 インプラントのメリットはブリッジと入れ歯の欠点がないことです。
天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません
インプラントの治療手順 インプラントの治療手順
通院期間は通常3~6ヶ月くらいかかります。その後は月に一度、定期的にチェックと清掃を受けます。
インプラント - 歯が中間で1本抜けた場合 歯が中間で1本抜けた場合
インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し、人口歯を取り付けます。自分の歯と区別がつかないくらい治療の跡が分りません。
インプラント - 歯が全部抜けた場合 歯が全部抜けた場合
数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりすることはありません。
インプラント - 歯が中間で2本抜けた場合 歯が中間で2本抜けた場合
抜けた数だけインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。
さらに、インプラントは顎の骨の中に植わっていますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。そして、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントを入れると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。

最近は、インプラントの認知度も上がってきているようです。しかし、インプラントについては間違ったイメージもあるようです。

「手術が恐い」

というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。

確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かります。
しかし、実際には親知らずを抜く程度の手術ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが小手術だと思っていただければと思います。
手術に伴う痛みも麻酔と痛み止めで完全にコントロールしますのでご安心下さい

麻酔は全身麻酔ではなく、歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい1時間で手術は終わりますし、手術後の腫れについても、2~3日経てば治っています。自分の悩みを抱えたまま生きて行くのと、少しの間、手術の恐怖と戦うのとどちらが良いでしょうか?その手術の恐怖に勝った時に手に入る世界はどのような世界でしょうか?

「インプラントは高い」

インプラントについてこのように考える方もいらっしゃいます。
確かに、保険で作ることが出来る入れ歯に比べれば高いです。
インプラントは1本35~45万円ぐらいします。

しかし、先ほども申し上げたように、保険で作る入れ歯は当面の機能は回復しても、長期的なお口の健康にダメージを与えているのです。
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ