メニュー
2017/07/25
虫歯治療のつめ物とかぶせ物

虫歯になってしまったら、バイ菌のしみこんでいるその部分を削り、取り除きます。

 

その削り取った部分が小さい虫歯であればつめ物をします。

虫歯を含む歯を適した形に削り型取りをし、それに適合する形態の修復物を作製して、それをセメントでくっつけます。
基本的には小臼歯大臼歯と呼ばれる歯の咬む面を含むものです。

 

一般的には強度のある金属が使われますが、セラミックセメントの材質向上により白いものでもできるようになりました。

 

奥歯の虫歯治療のとき、歯を削り歯型を取って作る小さなつめ物をインレーといいます。
保険診療では主に金属を使います。奥歯には咬む力が強く加わるため、強い強度が必要です。そのため今までは銀歯や金歯など金属が多く使われてきました。

 

しかし、セラミックの強度などが向上し、インレーを金属ではなくセラミックで行うことができるようになりました。

 

また、覆う範囲が広いとアンレーと呼び方が変わります。

 

24          25

保険診療の銀のつめ物                   自費診療の白いつめ物

 

 

 

大きい場合にはかぶせ物をつける治療をします。

歯が虫歯などで大きく壊れた場合、その修復物の総称をクラウンといいます。
クラウンは英語で「王冠」を指す言葉で、歯科用語としては虫歯などの治療で削った部分にするセラミックや銀などのかぶせ物や差し歯のことをいいます。
比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療を行った後にクラウンを使用することが多くあります。
私たちの治療ではつの例としてFMC(銀歯)があります。

このほか、現在は歯科技術が進んだため治療箇所を自然の歯のように修復する技術も進んでいます。
クラウンには、金属のものとセラミックのもの、強化プラスチックのタイプなどがあり、それぞれの治療の状況によって使い分けられることがあります。

 

セラミックのタイプであれば審美目的に優れており、古く変色した差し歯を変える、虫歯のあとや歯の欠損部分を補完するときに自然な仕上がりとすることができます。
また、歯の形や角度をある程度調整して歯並びを整え、矯正する効果なども期待できます。
歯科技工士によってその患者のオーダーメイドの素材で作ることもあり、その場合には歯に適合する形状や色合いを作り出すことも可能になっています。

 

クラウンをかぶせたらもう虫歯にならないと思っている方々も少なくないと思いますが、クラウンをかぶせても虫歯になることがあります。
クラウンと歯との境目は当然ながら「歯」です。その部分から虫歯になっていくこともあるのです。
また、歯周病で歯茎がやせて歯の根元の部分が露出してしまった場合などは、特に根元の部分から虫歯になりやすくなっています。
「クラウンをかぶせたからもう虫歯にならない」ではなく「クラウンをかぶせても虫歯になる場合がある」と思って、日ごろから丁寧なブラッシングを心がけて、定期健診を受けましょう。

 

26            27

保険診療の銀のかぶせ物                 自費診療の白いかぶせ物

 
つめ物やかぶせ物をできるだけ長く使うためには、日々のブラッシングをしっかりして口腔内の状態を清潔にしておくことが大切です。
ですが、ブラッシングだけではどうしても磨き残しがあったり、歯ブラシでは届かない汚れ、落とせない汚れがありますので、定期的に歯科医院に行ってクリーニングを受けるようにしましょう。
再び虫歯になるなどの問題が起こってしまうと、以前つけたかぶせ物やつめ物を壊し、さらにご自身の歯を削らなければいけないため歯が小さくなってしまいます。
できるだけ長く使えるよう日々気をつけましょう。

written by スタッフ
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ