メニュー
2016/07/08
セラミック修復治療とメタル修復治療を比較して

虫歯になりにくい

セラミックインレーは歯に接着することによって象牙質に樹脂含浸層をつくっています。

 

また、セラミック自体が劣化しないため、セラミックインレーと歯の隙間から虫歯になりにくくなっています。
また、メタルもセラミックも熱により膨張収縮しますが天然歯の熱膨張や収縮に限りなく近いのはセラミックです。その結果、間隙が少なく虫歯にならないのもセラミックのメリットでしょう。

*樹脂含浸層とは…象牙質には顕微鏡で見ると無数の穴があります。その穴に樹 脂を浸みこませることにより象牙質  を再度の虫歯から守るとともに、それをその後のセラミックの接着の足場に使います。
41 42

43 44

 

天然歯に近い色にすることができる

セラミックは白く透明感のある仕上がりとなります。

隣の歯が天然歯の場合、見栄えも良いですし、自信をもって笑顔になれるでしょう。

セラミック治療の魅力的な部分です。

 

45 46

 

大切な歯を削る量が少ない

メタルインレーで治療する場合、合着の概念で歯とくっつけるためメタルが外れないような形態にする必要があります。

 

そのため、虫歯以外の部分も削ることになります。

セラミックの場合、接着の概念で歯とくっつけるため虫歯のみ削るだけで済みます。硬組織である歯は再生されることがありません。

大切な歯を少しでも守れることもセラミックの優位性でしょう。

 

47 48

 

 

歯茎が黒くならない

メタルで治療した場合、金属の成分が溶け出し歯茎の色を黒くしてしまう可能性があります。

セラミックの場合はそのような心配はありません。
保険の前歯も内面に金属が使用されているため、同様のことが起こります。

 

 

再治療の侵襲が少ない

もしメタルインレーで虫歯になった場合、一度メタルを外して虫歯を取り除かなくてはいけません。

セラミックの場合ですと虫歯のみ取り除きその部分にセラミックを補うだけで済みます。

再治療の場合でも侵襲性も少なく、削る量も最小限で済みます。

 

 

金属アレルギーの心配がない

ご存じとは思いますが、お口の中のメタルが金属アレルギーを引き起こすことがあります。

 

セラミックの場合、金属物質が一切入ってないため金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただくことができます。
健康保険で使用される金属に含まれるパラジウム(Pd)は人体に有害であることがわかっています。

 

written by スタッフ
カテゴリー
キーワード
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ