メニュー
2016/07/08
セラミックの審美性

天然の歯のような透明感

セラミックの最大の特徴は天然の歯のような透明感があることです。

歯には内部に黄色っぽい象牙質があり、その表面を透明感がある白いエナメル質が覆っています。

このエナメル質は歯肉に近い辺縁は薄く歯の先端は厚いです。

よって歯は先端にいくほど白く透明感があるのです。つまり天然の歯の色は均一ではなく、グラデーションのようになっています。

より天然の歯に近い色調を再現し、本物の歯のように美しく仕上げることができるのがセラミックです。それぞれの患者さんの好みや隣接している歯に合った色をプロの技工士と相談し、美しく仕上げることができます。

 

27

 

 

金属を使用しないため金属アレルギーを起こさない

健康保険内で金属を使用する歯科治療がアレルギーを引き起こす原因となり、お口の中や身体に異常を起こすことがあります。
近年、セラミックを取り扱う歯科医院が増え、メタルボンドといわれる金属を使用したセラミックの歯を使用する歯科医院もあります。

当院では100%セラミックでできているオールセラミックや、ジルコニアと呼ばれる人工のダイヤモンドの上にセラミックを焼き付けたものなどを取り扱っています。

もちろん金属は一切使用していませんので、見た目がいいだけではなく金属アレルギーの方にも最適な素材です。

28

 

変色がほとんどなくいつまでも白く劣化しない審美性

金属はセメントの劣化により、長く使ううちに金属と歯の隙間に段差が生じてしまいます。
プラスチックは水分を吸収し黄色く変色してしまったり、すり減りがおこりやすいため、傷がついた表面に着色やプラーク(細菌の塊)がつきやすい素材です。よって金属やプラスチックは、劣化が著しい素材といえます。
セラミックは陶材ですので、お皿の陶器と同じように水分があるところでも安定しているため、長期的に変色がなく白く美しい状態を保つことができます。

また、プロの技工士が表面を丁寧に磨き光沢を出すため、傷がつきにくく汚れもつきにくいです。

 

29

 

歯肉の色が変わらない

金属を使用する治療では、歯肉との境い目から金属が透けてしまったり、金属の成分が溶け出して黒く変色してしまう可能性がありますが、セラミックであればそのような心配はありません。

また、土台も白いので歯肉が下がり金属が黒く見えてしまう心配もありません。

 

30

written by スタッフ
カテゴリー
キーワード
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ