メニュー
2016/07/08
オールセラミックの長所

審美的に優れている

金属で歯を修復する際、一番気になるのが見た目です。

特に前から4番目の歯は保険適応の場合、金属のかぶせものが適応になります。

また、金属を入れた歯茎の際が金属によって黒ずんでしまうことも少なくありません。
それに対し、オールセラミックは陶磁器などに使用される素材やガラス素材で、天然歯に近い発色と透明感を持っています。

そのため、笑ったときに見えやすい前歯や下の歯にかぶせものやつめものを入れる際にも自然な見た目を再現することが可能です。

また、セラミックにはたくさんの色の種類があるので、一人ひとりのお口に一番自然になじむ色を、シェードガイドと呼ばれる色見本を元に、当院では歯科衛生士や歯科技工士がしっかりと確認しながら選びます。

 

2

 

虫歯になりにくい

オールセラミックは銀歯やプラスチックで治療を行った時に比べ、歯とかぶせもの・つめものの隙間からまた虫歯になってしまう(2次齲蝕)リスクが低いことも特長に挙げられます。

 

お口の中は常に、食事によって酸性や中性へと変化したり、熱くなったり冷たくなったりと環境が激しく変わります。

 

すると金属は錆びたり、銀歯と歯の隙間のセメントが緩んできたり、プラスチックの劣化などが起こります。

 

それに対しセラミックの場合は、歯と接着する際、歯の表面(象牙質)に特殊な処理を施して強く接着するので虫歯になる隙間ができにくいのです。

3     4

安心して使える

金属で歯の修復を行う際に心配になるのが「金属アレルギー」のリスクです。金属がお口の中に入ると少しずつ唾液中に溶け出します。

 

この溶け出した金属成分に敏感に反応してしまうと金属アレルギーとなります。それに対しセラミックは溶け出したり、アレルギーのリスクがないので安心して治療を行うことができます。
オールセラミックで笑顔に自身の持てる歯にしましょう。

written by スタッフ
カテゴリー
キーワード
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ