メニュー
2017/09/22
ホームケアとプロフェッショナルケアの違い

なぜPMTC(プロフェッショナルケア)が必要か?

 

虫歯や歯周病を予防するために、『歯科医院でPMTCを定期的に受けましょう』ということを時より耳にすると思います。

 
そもそも、なぜ歯科医院でPMTC(プロフェッショナルケア)をする必要があるのかというと、虫歯や歯周病の原因であるプラーク(細菌の塊)は、歯の表面に「バイオフィルム」という膜をつくります。

 
このバイオフィルムはホームケアだけではなかなか除去できません。そんなバイオフィルムを破壊するには、ご自分で行うホームケアはもちろん、歯科クリニックで行うプロフェッショナルケアも必要になってきます。

 

特に歯周ポケット内部にできるバイオフィルムは歯茎に遮られてしまうので、プロの手でなくては除去できません。

 

プロフェッショナルケアとホームケアの違い

 

では次にプロフェッショナルケアとホームケアの2つがどのように違うのかをご説明します。

 

ホームケア

■毎日の歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロスなど
■ フッ素入り歯磨き粉・洗口剤
■ 食事コントロール・おやつのとり方・バランスの良い食事・甘味制限など

 

プロフェッショナルケア

■歯石除去
■クリーニング(PMTC)
■フッ素塗布
■ブラッシング指導

 

極論を言うならば毎日、歯科医院に通ってプロフェッショナルケアを受ければ、バイオフィルムを破壊することができ、歯の表面に虫歯や歯周病の原因となる細菌が付着するのを防ぐことができます。

 

ただ、毎日歯科医院に通うことは現実的ではありません。
そこでご自身で行うホームケアが重要となってきます。ホームケアとプロフェッショナルケアの両方を行うことで、予防効果が高まるということが科学的に証明されています。

 

ホームケアとプロフェッショナルケアの両方を行うことが最大の予防

 

ボストンの軍人で歯科長期研究(DLS)に登録されている、736名の男性を対象とした研究があります。

 
研究の概要は歯のケアを継続することで歯の喪失リスクがどうなるかについてです。

 
ケアの方法は①まったく行わない ②ブラッシングのみ ③ブラッシングとプロフェッショナルケアのみ ④ブラッシングとフロスのみ ⑤ブラッシング、フロス、プロフェッショナルケアの5つに分類し、調査を行いました。

 

 

調査の結果、ブラッシング、フロス、プロフェッショナルケアの3つを行うことによって、歯の喪失リスクが下がることが分かりました。

 

 

ケアの種類と、それらのケアを継続的に行った場合の相対危険度(歯の喪失リスク)
※ ケアを全く行わないを1とする

21
このように、ホームケアとプロフェッショナルケアの両方を行うことで歯の喪失リスクを下げることができます。

 
患者さんには予防についてご理解いただき、ホームケアとプロフェッショナルケアを合わせて行っていただけたらと思います。

written by スタッフ
・水天宮前駅の5番出口から、徒歩2分
・人形町駅のA1番出口から、徒歩5分
・浜町駅のA2番出口から、徒歩6分
※第1土曜 : 10:00~13:00/14:30~17:30
※休診日 :第2,3,4,5土曜・日曜・祝祭日
ISO9001認証取得医院
審美・インプラントセンター / CT診断センター
水天宮前歯科医院
東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX 浜町中ノ橋ビル3階
ページトップへ